構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

シンガポールです。「カラー」なシンガポールを紹介します。

シンガポールです。「カラー」なシンガポールを紹介します。

綺麗ですね。 「トラックミキサ(生コン車)」じゃないですよ、建物が。
(でも、トラックミキサも、なかなかのものですが。)
シンガポールカラー1

「Ministry of Culture, Ccommunity and Youth」、国の機関でしょうか。
「文化庁」ですか?

シンガポールカラー2

切手博物館です。
シンガポールカラー3

「Wonder Full – Light & Water Show」が行われる広場のゴミ箱で。
ゴミ箱らしく無いところがいいですね。それに、わかりやすい。
シンガポールカラー4

「素敵」という言葉がとてもマッチするシンガポールです。

シンガポールです。ホーチミンの帰りに、寄り道です。

シンガポールです。ホーチミンの帰りに、寄り道です。

ホーチミンからの帰り、週末を使って、シンガポールへ行ってきました。
初めてのシンガポールです。
あと、100kmほど?で赤道です。未知の領域でした。(でも気温33度?)

シンガポールと言えば、やはり、なんと言っても、マーライオンと「MARINA BAY SANDS」ですね。
タップリと見てきました。

シンガポール1

シンガポール2

シンガポール3

シンガポール5

シンガポール4

センスの無い私が言うのもおかしいですが、シンガポールの建物って、センスがいいですね。
青空と水辺に、とてもよく似合って、映えています。

シンガポールの街をいろんな角度から見てきました。

ヘルシンキだより[Helsingin(フィンランド語)・Helsingfors(ノルウェー語)]

ヘルシンキだより[Helsingin(フィンランド語)・Helsingfors(ノルウェー語)]

※残念ながら私が行ったんじゃないんです。。。娘が行って来ました、仕事で。
 私が、ひたすらベトナムへ行くのとは違い、娘はいきなりヘルシンキです、
 どうよ、この違い。

いろいろと、町の風景や建物の写真を撮ってきてくれました。
(娘は、建築とは縁の無い仕事ですが、父の為にと??)

以下の写真は、娘からいただきました。ありがとう。

まずは、ヘルシンキ大聖堂です。
ヘルシンキ大聖堂1

ここは、白い教会で有名ですね、雨などで汚れないんでしょうか?
マメに磨いてるとか??

内部です。
?ステンドグラスが無い??(娘自身は興味が無いから撮ってない??)
ヘルシンキ大聖堂2

次は、ウスペンスキー大聖堂
ウスペンスキー大聖堂1

内部です。
?やはり、ステンドグラスが無い??
ウスペンスキー大聖堂2

次は、ちょっとかわった岩の教会です。テンペリアウキオ教会。
立派なパイプオルガンですねぇ。でも、岩肌ってどう響くんでしょうか?一度聴いてみたい。
テンペリアウキオ教会


最後に、カンピ礼拝堂。これは、数年前に建築された、現代建築です。木造です。

外観というか外壁です。
カンピ礼拝堂1

カンピ礼拝堂2

カンピ礼拝堂3

カンピ礼拝堂4
集成材でしょうか?曲げてる?繰り抜いてる?どうやって作ったんでしょうか?
木のいい香りがするんでしょうか?
耐力壁は?防耐火は?とか・・・いらん心配ですね。職業柄つい・・・。

でも、ベトナムでは、教会といえば「ステンドグラス」ですが、
フィンランドは違うんでしょうか?ステンドグラスがひとつも写ってない?

ホーチミンの「サイゴン大教会」とかハノイの「ハノイ大教会」とか、外から見ると
薄汚れた汚い外観ですが(失礼)、中にはいると、ステンドグラスがとても綺麗で
感動的です。ホント、外から見てて、中に入ると、ビックリです。
北欧は違うのかなぁ?だれか教えてください。

「耐力壁」と「耐震壁」の違いは?

「耐力壁」と「耐震壁」の違いは?

この疑問、私の中では、以前から解決していましたが、
今日、改めてその違いに納得する事件に遭遇しました。
(そんな、たいそなもんじゃないですが。)

とある建材メーカーのウェブサイトをみながら・・・・私の独り言。
『おぉ、この壁、倍率大きいねぇ。使えそう!!』
『なになに<耐震リフォーム専用技術>って?、どういうこと・・・』
『<新築はこちら>って?、どういうこと・・・こっちが「新築用」?』
『なるほど、例によって、建防協の「耐震補強」と、大臣認定の耐力壁のちがいかぁ!』
と納得させられました。

建防協の「耐震補強」では『耐震壁』
耐力壁の大臣認定では『耐力壁』
と表記されています。
これって、RCで「耐震壁」と言い、木造で「耐力壁」というのと、おなじ理屈でしょう。

つまり、
「耐震壁」は文字通り「地震に耐える壁」、
「耐力壁」は「地震と風と・・・水平力に耐える壁」
ですね。

RCでは、「風」は問題にならない、
同様に、耐震補強でも「風」は問題視されない!?
だから「耐震壁」

一方、木造の新築では、水平力は「地震」と「風」両方重要で
3階建なら、地震より風で決まるケースが少なくない、ということで「耐力壁」

そんなこと、いまさら・・・といわれそうですが、これって結構、深い話ですよ。
(と私は思います)

だって、「耐震補強」したものが「台風で損傷する」ってこと、考えられませんか?
耐震リフォームはしたけど、「台風でこわれた」ってなったら、がっかりですよねぇ。
新築と耐震リフォームと、耐震強度の評価に違いがあるって、おかしくないですか?
リフォーム時には「風荷重は無視?」って、おかしくないですか?
(もちろん、風荷重を無視していない、考慮したリフォームも存在します、念のため)

特に、同じ材料(材質、サイズ、仕様)のものが、新築と耐震補強とで、
せん断耐力がちがうっていうのが、納得できないですね。

こんな疑問、私だけですかねぇ??


積極的に求人を出しています。ベトナム・ホーチミンですが。

積極的に求人を出しています。ベトナム・ホーチミンですが。

ベトナム国内向け、大手求人サイトに掲載しました。
ベトナムは、好景気で、1000万円近くするレクサスやカムリが
売れています。

弊社でも、口コミ募集では、応募が無くなってきたので、
大手求人サイトにご協力いただいて、求人公告を掲載しました。

内容は次の通りです。

求める人材。
1.まじめな人
2.みんなと仲良くできる人
3.よく考える人
4.挨拶ができるひと
5.元気な人
6.数学が得意な人
7.CADが得意な人

NakamuraV.でする仕事。
1.建築設計
2.構造設計と構造計算
3.CAD
4.計算

NakamuraV.で設計する建物。
1.木造住宅
2.幼稚園
3.保育園
4.教会
5.アパート

※ベトナムの人のために、出来るだけ、完結に、わかりやすくしました。

横浜・東京、出張報告です。

横浜・東京、出張報告です。

横浜では、システムデザイン殿と、いろいろと、具体的なお仕事の
話が出来ました。
都内23区内で、雨後の筍のこのように、木造シェアハウスが建っているようです。

国際確認検査センターさんと、ハウスプラスさんでは、
木造の、方杖付きラーメンや、トラス構造について、貴重なご意見や
資料をいただきました。
(大阪の審査機関では、『ダメ』とか、『準拠規準を示してください』とか
 あまり具体的ないい話は聞けなかったですが、
 東京の国際確認検査センターさんと、ハウスプラスさんでは、具体的に
 準拠規準や参考書をコピーまでして頂いて、たいへん助かりました。
ありがとうございました。

二幸建設さまでは、堀篭社長様が相変わらずの熱弁で、最近の都内の
建築事情やら将来の見通しをご教示いただきました。

久しぶりにお会いした、アルファーデザインの増田社長様には、
ZEHにも対応されているとお聞きして、さすがと、刺激を受けました。
増田社長には、これからも、ご協力、ご指導をいたたくことに
なりそうです。

新宿で、電車を乗り継ぐついでに、地上に出てみました。
いい天気で、気持ちのよい、青空でした。(が、暑かった・・・)

新宿の青空です。
新宿20160618


帰る前に、すこし足を伸ばして(と言っても、神田・小伝馬町から地下鉄で10分ほど)、
清澄白河の、『BlueBottle清澄白河ロースタリー&カフェ』を見てきました。
今話題のコーヒー屋さんのようですね。
BlueBottle清澄白河ロースタリーカフェ2

BlueBottle清澄白河ロースタリーカフェ1

とても美味しいコーヒーでしたが、同時に『OSB』が気になりました。
とてもきれいに磨いて、透明の仕上げ塗装がされて、いい雰囲気が出ています。
鉄骨むき出しの天井に不思議と、マッチしますね。
それに、足触りがいいというか、適度に硬くて、歩き心地の良い床になっています。
普段、われわれは、構造材としてつかう「OSB」ですが、こういう使い方もいいですね。

『OSB』のお問い合わせはこちらまで。
http://ainsworth.jp/
でよかったでしたっけ?宮村さん。間違ってたら、ごめんなさい。

九州地方の地震被害にお見舞い申し上げます。

一昨日からの九州地方を中心とした地震の被害にお見舞い申し上げます。

構造設計者として気になることが有ります。

テレビなどでは、『今現在』や『今まで』のことを報道しますが、
今後のことが、たいへん気がかりです。
①震度5以上の地震を複数回受けると、建物は危険でしょう。
②昭和56年(1981年)以前の建物は、やはり危険ですねぇ。
③天草から愛媛県方向に広がっているのでは??

①傾いていない建物でも、ダメージを受けていることがあります。
 震度5で建物はダメージを受ける可能性が有ります。
 震度4~5以上を何回も受けると、建物はつぶれる可能性が有ります。

②つぶれた、宇土市の市役所は築50年?といわれていますが、
 3~5階がつぶれており、つぶれ方が異常では??
 ああいうつぶれ方って、あまり見ないように思いますが?
 昭和56年(1981年)以前と以降では、全く違う強さですからねぇ。
 やはり、昭和56年(1981年)以前の建物は危険ですね。

③地震の地域が広がっているようにみえますねぇ。
 神戸の地震(阪神淡路大震災)は、淡路島南部から北西の川西市のほうへ、
 一気に広がりましたが、今回の九州の地震は、少しづつ広がっているように
 見えます。

以上3点、特に九州地方のかたには、注意して頂きたいと思います。
被害が広がらないように。

テレビなんかでも、今後のこと、今から注意することを、もっと多く
もっと強調して、報道してほしいと思います。

『京都木材会館』が竣工しました。

『京都木材会館』が竣工しました。
完成見学会に、参加させていただきました。

京都木材会館竣工1

とても、シックな外観で、可動ルーバーが印象的です。

内装も「京都的」で、とても雰囲気の良い空間でした。

このプロジェクトには、初期の計画段階で、主に、構造面で、大橋先生とともに
サポートをさせていただきました。
5社設計事務所による「設計提案・プロポーザル」を見せて頂き、構造的な現実性
など、意見を述べさせていただきました。

建設実現には、たいへんなご苦労があったかと思います。
ご苦労様でした。
竣工、おめでとうございます。

『板倉工法』の講習会に参加しました。(長野・飯田市)

『板倉工法』の講習会に参加しました。(長野・飯田市)

まず、筑波大学・名誉教授・安藤邦廣先生による、『板倉工法』の
解説です。
板壁や土壁の発達、普及に、当時の経済事情が影響していた、など
とても、興味深い講演でした。

板倉工法1

つづいて、工学院大学・教授・河合直人先生による、板壁の構造耐力
や、大臣認定の内容を解説していただきました。

最後に、桜設計集団・安井昇先生らよる、板壁の耐火性能の解説を
して頂きました。

講習会終了後、懇親会では、焼き鳥とおでんをいただきました。
おでんは、『ネギ味噌』がトッピングされています。
板倉工法2


ネギ味噌のトッピングは、南信州では定番のようですね。
私は初体験でした。
美味しかったです。

私の大好きな、大根とロールキャベツです。
(ロールキャベツのおでんも、なかなか、珍しいでしょう。
 私のなかで、シュウマイとあわせて、ロールキャベツは
 おでんの定番です)
板倉工法3


最終便(路線バス)で、名古屋経由で、神戸まで帰らねばならず、
おでんと焼き鳥は、中途半端に、残してしまいました。残念。

「2015年版建築物の構造関係技術基準解説書」講習(兵庫県建築士会)

兵庫県建築士会の「2015年版建築物の構造関係技術基準解説書」講習
を受講してきました。(2月5日)
この講習は、昨年行われた講習の録画・DVDによる講習です。

この講習で、というか、改めて「黄本」を読んで、
私にとって新しい、大きな発見が二つ、ありました。
(今頃・・・・といわれると、お恥ずかしい限りですが)

一つ目は「エキスパンション」について。
『構造的に切り離す、別棟にする』のが「エキスパンション」の
理解でしたが、「地下」は一体でもいいんでね!?
知らなかったです。
「地下」は一体でもいいと言うことは、「基礎」が一体で、上部構造が切り離されて
いれば「エキスパンション」成立ですか? そうなんですか!?知らなかったです。
「構造関係技術基準解説書」のここの部分です。
構造関係技術基準解説書講習1


二つ目は「燃え代」設計です。
「構造関係技術基準解説書」のここの部分ですが、
「燃え代」設計は、自動的?に、「集成材等・・・」で
ルート1の設計が必要ですか?ここを読むとそう読めるのでは??
構造関係技術基準解説書講習2

1.「エキスパンション」で分割した建物の基礎は一体でOKですか?
2.「燃え代」設計は、ルート1の計算が必要ですか?
どなたか、ご教示ください。
宜しくお願いします。

懐かしの「広島市民球場」跡地です。

懐かしの「広島市民球場」跡地です。

広島の旅、最後は、懐かしの「広島市民球場」跡地です。
何もありません。。。スタンドの一部が残ってますが。

でも、「グラウンド」跡地に、立てたんです、走れたんです。
感動です!!

旧広島市民球場1

旧広島市民球場2


あの、長嶋が、王が、末次が、柳田が、クロマティーが、堀内が、高橋一三が
この場でプレーしたんです。
さらにさらに、土井、黒江、高田、柴田・・・数え上げればキリなしです。
(ちなみに、高橋一三は、『イチゾウ』じゃなしに『カズミ』と読みます。)
おっと失礼、山本浩二、衣笠、北別府が、津田が・・・プレーしたんです。
(カープの選手も上げとかないと、しかられますね、カープ女子に)

そこに立てたんです、そこを走れたんです、何も無い跡地ですが。。。。

歴史ですね、いずれも歴史上の人物ですねぇ。
(私が年をとったということです)

とても、有意義で楽しい、広島の旅でした。
おわり。

広島平和公園、爆心地、原爆ドームあたりを歩いてきました。

広島平和公園、爆心地、原爆ドームあたりを歩いてきました。

相生橋の上から見た、左に原爆ドーム、右に平和祈念公園です。
広島平和公園1

『原爆死没者慰霊碑』と、遠くに『原爆ドーム』が見えます。
広島平和公園2

『原爆ドーム』は、近づくと、その悲惨さが伝わってきます。
広島平和公園3原爆ドーム

爆心地にほど近い相生橋です。
相生橋は珍しいT字路の橋です。
向う岸に渡る橋の中ほどからT字に分かれて中洲へ渡れる
T字路の橋です。
上空(爆撃機)からの目印にされたそうです。
広島平和公園4相生橋

多くの外国人と若者が「観光」に訪れていました。たぶん「観光」でしょう。
私自身も「観光」でした。
当事者の方々は、とても「観光」できる場所ではないでしょう、お察しします。

戦跡、それも、たいへん悲惨なことになったところを「観光」することに
一抹の負い目というか、引け目を感じますが、「観光」できるほど平和に
なったことを喜ぶべきでしょうか。

ついでに『宮島・厳島神社』に参拝して来ました。

宮島口の「船着き場」のトラスを見に行ったついでに、
「宮島・厳島神社」に参拝して来ました。
厳島神社1大鳥居

ちょうど「干潮」で、「大鳥居」は、足元まで水が引き、
歩いてくぐれる状態でした。
水面にうつる「大鳥居」が美しく、よく写真で見ますが、
歩いてくぐれる「大鳥居」も、珍しくてよかったですよ。


厳島神社2手鏡
また「干潮」で、「鏡の池(手鏡)」も、見ることができました。
(これも、こんなにハッキリと見られるのは珍しい?)

「弥山」に登って(ロープウェイで)、帰りに、「五重塔」と
「千畳閣(せんじょうかく)」を見てきました。

厳島神社3五重塔
五重塔は、とても美しいですね。こんなに美しいとは思いませんでした。
五重塔といえば、美しさでは「室生寺」が一番と思っていましたが、
ここ、厳島神社の五重塔のほうが、繊細さと力強さが同居していて
「室生寺」より美しいですね。

「千畳閣(せんじょうかく)」は、そのボリュームと古さに圧倒されました。
小屋組のボリューム、連続する貫の美しさ、大好きです。

厳島神社4千畳郭1

厳島神社5千畳郭2


それと、大切な報告があります。
やっぱり、広島・宮島の牡蠣は、大きくて、美味しかったです、
生でも、焼いても、フライでも、ついでに赤出汁でも。
(お薦めは、やはり殻ごと焼いて、何も付けずに、アツアツをお汁もろとも一口で)
ご馳走様。

広島・安芸の宮島の船乗り場を見に行ってきました。

広島・安芸の宮島の船乗り場を見に行ってきました。
ここは、「宮島汽船」の乗降船場です。
とっても良いでしょう、この屋根、どうですか?
宮島汽船乗り場1

宮島汽船乗り場2

アップにすると更にその良さが解りますねぇ?
とてもスリムで、合理的で、構造美がすばらしい!?
と思いませんか??

宮島汽船乗り場3

宮島汽船乗り場4


これ、私が、35年ほど前に、構造設計したトラスです。
「設計」というより「計算」ですね、「設計」はしていない、
「計算」はしたけれど、汎用コンピューターを使って。
立体トラス(三次元トラス、3Dトラス)です。

ウェブ材(斜材)は軽量C型鋼、フランジ(弦材)は、
軽量C型鋼と角型鋼管です。
ノード(接合部金物)はプレート、鉄板です。
とても安上がりな材料です。
特に、ノードは、プレートをプレス加工したものです。
36~7年前に、当時の「川鉄建材工業」で開発した
「KEトラス」です。

IBMの「S1(Series1)」という、「汎用コンピューター」で
応力解析しています。
大型の4ドア冷蔵が2台ほど並んだくらいの大きさがありました、
当時のIBMの「S1(シリーズ1)汎用コンピューター」です。
プログラム言語は「FORTRAN」。私は学生時代に「富士通FACOM」で
「FORTRAN」を学びました。
この当時は「FORTRAN」なら「重箱の隅をつつく以上」に知り尽くし、
使いこなしていましたねぇ、懐かしいですねぇ、この時代が。

パソコンは「マイコン(My Computer)」と呼ばれて、
NECのN88とか、シャープのMZ80Bとかが出始めでしした。
(この3年ほど前に、私は、日立の「ペーシックマスター」で
インタープリター型のBASICを使い始めていました)

このトラスの応力計算に、8~10時間、かかっていたと思います、
汎用コンピューターで。
シンメトリーなら、境界条件の設定で、1/2、1/4で計算できるん
ですが、この屋根は平面的にシンメトリーじゃないので、全体で
計算しています、だから、時間がかかった。。。
徹夜して、といっても、私は何もせず、S1と、ペンプロッターが
うなりを上げて計算し、応力図を書いていました。

(ペンプロッターなんて、死語ですね。「汎用コンピューター」って言葉も
 最近はつかわないかな? そういえば先日、「ディレクトリー」って言葉
 を使ったら、笑われましたねぇ。。。)

この「宮島汽船」のトラスが、近く、解体・撤去、建て替えされる
そうです。
宮島口一帯の再開発で、建て替えになるようです。
私の歴史がまたひとつ消えていきます。。。うぅ・・・涙が出そう。。。
でも、よく今まで、持ちこたえましたねぇ、
いや、構造的な耐久性じゃなしに、機能的な意味で。

35年間、毎日、毎日、休み無しに使われ続けたって、すごくないですか。
盆正月も、日曜祭日も、夏休み冬休みも、きっと、毎日、休み無しに利用されたでしょう。
日本三景の一つ、安芸の宮島にわたる船乗り場なので、
お宮参りの嬰児から小学生の遠足から老人会まで、また、日本を訪れた外国人に
も利用され、国内外の老若男女の多くの人に利用され、
きっと有名人も通ったことでしょう、
35年間も使われ続けたって、すごくないですか。
でも、ここを利用する人で、上を見上げてくれた人は何人いるだろうか??
解体前にこの目で見られて良かったです。

向島幼稚園(京都府京都市伏見区向島)の現場です。

向島幼稚園(京都府京都市伏見区向島)の現場です。

建築面積890㎡、延床面積1470㎡、2階建、木造軸組「NK工法」、一部鋼構造。

1階~2階床が、組上がりました。
向島保育園1

お天気に恵まれて、順調な上棟作業です。
向島保育園2

外部避難階段は、アプローチも含めて鋼構造です。
向島保育園3

1階の10mX12mの大空間の天井梁組(2階床組)です。
向島保育園4

この後、2階から小屋組の施工で、いよいよ「棟上」です。
要建設さん、宜しくお願いします。

「創建会」さんの研修旅行で、名古屋~浜松へ行ってきました。

「創建会」さんの研修旅行で、名古屋~浜松へ行ってきました。
今年の「創建会」さんの研修旅行の目的地は「浜松・浜名湖です。
大阪からの道中、「トヨタ博物館」に立ち寄りました

自動車が年代順に展示されています。
創建会トヨタ1

創建会トヨタ2

創建会トヨタ3

「サンダーバード」のペネロープ号みたいですね。
ペネロープ号は、パーカーが運転するロールスロイスです。
創建会トヨタ4

昭和30年~40年ころの、白黒テレビで見た「部長刑事」に出てたクラウンです。
創建会トヨタ5

このバスには乗った記憶が有りますよ、私。
女性の車掌さんがいて、車内で切符を買いました。
創建会トヨタ6

憧れの「ソアラ」です。私が21才。
このころ、私は、「ソアラ」は買えずに「スターレット」の中古を買いました。
創建会トヨタ7

そして、現在、私も愛用している「プリウス」。
「プリウス」発売から、もうすぐ20年にもなるんですね。
創建会トヨタ8

そして、目的地の「浜名湖」です。
到着日の夕日。
創建会浜名湖1

出発日の朝日。
創建会浜名湖2

二日とも、とても良いお天気でした。

「うなぎパイファクトリー」です。
創建会うなぎパイ2

「うなぎパイファクトリー」は「免震構造」だそうです。
大地震時には最大で1800mm動くとか。建物周囲のクリアランスが必要ですね。
創建会うなぎパイ1

自衛隊・浜松の『エアーパーク // 航空自衛隊浜松広報館』です。
創建会自衛隊1

あの「ブルーインパルス」の基地は「浜松」だそうです。知らなかった。
その「ブルーインパルス」のコックピットに座ることができます。(私も座りました)
自衛隊の制服を着てコックピットに座っているのは、皆さんもよくご存知のあの方です。
さて、どなたでしょう?
創建会自衛隊2

とても有意義で、晴天に恵まれた二日間でした。
ありがとうございました。

丹の里・丹波市「秋の味覚フェア」で「建築相談会」に参加しました。

丹の里・丹波市「秋の味覚フェア」で「建築相談会」

兵庫県建築士会・柏原支部と兵庫県建築士事務所協会・柏原支部では、
丹の里・丹波市「秋の味覚フェア」で「建築相談会」を実施されました。
私も、実家(篠山市)が近いので、お手伝いさせて頂きました。

士会柏原支部味覚フェスタ1

建築士の方々による「よろず相談」の受付窓口です。
士会柏原支部味覚フェスタ2

とても良い天気で、少し風が強かったですが、たくさんの人で賑わいました。
士会柏原支部味覚フェスタ3

まだ、紅葉には早いですが、美しいふるさとの山々です。
士会柏原支部味覚フェスタ4



株式会社タイコーハウジングコア殿は、創立50周年です。

株式会社タイコーハウジングコア殿は、創立50周年です。
そのお祝いの席に列席させていただきました。

第一部は『文殊の知恵』と題して、
別格本山・安倍文殊院・貫主・植田俊應様の講演がありました。
安倍文殊院は「ボケ封じ」として有名で、貫主・植田俊應様から
『ボケない八ヶ条』と『ボケる七ヶ条』をご教示いただきました。

まぁ、私の理解は、
『ボケないためには、まじめに一生懸命働け』
ということかと、理解しました。
でも、『仕事いちずで、趣味の無い人」はボケるそうです。
しごともホドホドに。

さて、第二部は、祝賀会です。会場は『山楽の間』。
リーガロイヤルホテルの『山楽の間』といえば、
狩野山楽の屏風絵「吉野龍田の図」を再現した会場正面の西陣綴織が
有名ですね。
タイコーさん50周年1

タイコーさん50周年2

とても、華やかで、楽しく、美味しいパーティーでした。
タイコーさん、今後とも、ご贔屓に、よろしくお願いいたします。

PS.
来賓としてお見えの、NCN・田鎖社長様に、ご挨拶と名刺交換をさせていただきました。

『京都木材会館』構造見学会/Shelter[KES]さん・京都木材協同組合さん

『京都木材会館』構造見学会に行ってきました。
Shelter[KES]さん・京都木材協同組合さんの主催です。

『京都木材会館』の建て替え計画は、2012年の年末から計画策定をスタートされて、
設計プロポーザルで、計画案・設計者を選定後、構造計画を経て、今月上棟、
来年(2016年)3月の竣工予定、4月から利用される予定です。

計画策定当初は、木造(本当の木造)、4階建、用途が事務所+集合住宅というこで
「木造」にとっては、とてもハードルの高い計画でした。
しかも、原木は地域産、つまり京都府産、施工業者は地元の業者で、ということで
正直、私は、<無理かなぁ??>と感じていました。

それを、施主さん、㈱ゆう建築設計事務所さん、Shelter[KES]さんで、
実現されました。
ほんと、ご尽力、ご苦労に敬服いたします。

たくさんの方が、見学に来られており、注目度の高さがうかがわれます。
(木質構造全般に注目されるようになって来ました)
京都木材会館構造見学会1

Shelter[KES]さんの『COOL WOOD』の断面模型(実物)も展示されており
皆さんの注目の的でした。
京都木材会館構造見学会2

ちなみに、この見学会の当時は、『COOL WOOD』の”芯”、つまり構造体[集成材]のみ
施工済みで、上棟後、[石膏ボード(燃え止まり層)]+[表面材(集成材)]を施工されて
”2時間耐火”の柱が完成するようです。


京都木材会館構造見学会3京都木材会館構造見学会4

弊社から、全6名で見学に参加させて頂きました。
ありがとうございました。
無事の竣工を心より祈念申し上げます。

久々の東京です。旧グランドプリンスホテル赤坂の跡に新築建設中。旧館は修復中。

久々の東京です。

銘建工業さん、NCNさん、スクリムテックジャパンさん、と訪問しました。

移動中(多少、遠回り、道草して)の興味深い風景です。

まず、
旧グランドプリンスホテル赤坂の跡に新築建設中。
旧館は修復中。

赤坂プリンス跡工事1

このあたりは「赤坂見附跡」といわれる一帯で、江戸城跡の石垣等がたくさん残るところです。
赤坂プリンス跡工事2

旧館というか、一番最初、1950年代にに建てられた建物は、修復しているようです。
赤坂プリンス跡工事3

赤坂プリンス跡工事4

赤坂プリンス跡工事5


次に、
この日は、参議院で「安全保障関連法案」が可決されて成立する日として
『第二次世界大戦後、民主国家として出発した日本を大きく転換させる』日になる
らしいので、その現場を見てきました。
(写真は、2015年9月18日17:00頃、可決・成立は、翌19日午前2時ごろ)
20150918国会前1

20150918国会前2

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1059位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
36位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR