FC2ブログ

構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

ウッドショックは、ピンチか?チャンスか!?

ウッドショックは、ピンチか?チャンスか!?
2021年5月ウッドショック1

昨今の木造建築用の構造材のひっ迫は歴史的にも異常な状況のようです。
構造材の輸入量が激減し、価格が高騰。
杉やヒノキの国産材市場への影響も大きく、木造建築にとって、
構造材メーカー~プレカット業~ビルダー・工務店、水上から水下まで、
危機的な状況です。

仕事はあるのに材料がないため受注できない。
求められる材料を契約通り供給できない。
材料のコストアップを川下への転嫁が難しい。
特定の材料の良さを売りにしていたが入手困難で仇になる。
などなど。。。。

この危機を回避する一つの方法が「構造計算」です。
特に、小規模木造(2階建500㎡まで)は、構造計算せずに、
おおよそ、適当、だいたい、で構造材を配置しサイズを
決めているケースが多いようですが、
「構造計算」することにより、構造材を減らせる可能性が大いにあります。

特に小規模木造(2階建500㎡まで)の「柱」は、
『モデュールに配置』が一般的で、
特段の計算をせずに柱を配置されていますが、
それを「構造計算」にもとづいて配置することで、
柱本数は格段に減らせるはずです。

おまけに、これまで無かった「構造計算」という付加価値がついてきます。
これは、チャンスでは?

供給が逼迫し、価格が高騰している今、
木質構造材を減らしておまけに「構造計算」がついてくるという、
ピンチをチャンスに!?

ジョインウッドでは、小規模住宅から3000㎡の福祉施設まで、
木造軸組工法の構造計算をお請けいたします。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
35位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR