FC2ブログ

構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

KARTH[関西木造住宅文化研究会]の第5回のセミナー

KARTH[関西木造住宅文化研究会]の第5回のセミナー

場所は、『西陣ヒコバエノ家』。
メインテーマは『大工棟梁から学ぶ』

大工棟梁から何を学ぶか・・・
『大地震でも倒壊を防ぐ、木造伝統構法の智慧』
講師は、淡路島在住で、日本中はもとより、アメリカでも活躍される
『江戸 保』棟梁です。

「大地震に際して、倒壊するかしないか、何が違いますか?」
との問いかけに、江戸棟梁は
『しっかりした仕事をしているかどうかでしょう』

「大地震で天井や梁が落ちてきて命が失われないように、棟梁はどのように工夫をされていますか?」
との問いかけに、江戸棟梁は、
『そんな、梁が落ちてくるとか、天井が落ちてくるとか、そんなことは考えたことないよ。ありえないことです』
また、江戸棟梁は
『研究とかより、先人の教えに学ぶことですよ』
とは、おっしゃる通り。
日本の木造技術は、千数百年の歴史がある技術ですから。
日本で、木造の「構造設計(計算)」が始まって、30年?ですか・・・
30年では、法隆寺を建てた技術を超えることはできないですね。

そして、江戸棟梁は、
『最近は、プレカットばかりで、在来工法の新築はほとんどありません』
とは、プレカット業に携わる身としては、きつーい、お言葉ですね。
江戸棟梁にとっては、プレカットは「在来工法」じゃないんです。
言葉に、気を付けましょう。

それよれ、会場の、『西陣ヒコバエノ家』は、築100年超。
第5回KARTH-1
小屋組です。
第5回KARTH-2

瓦のサンプルです。
造られた年代や産地の違う瓦が4種類
第5回KARTH-3
淡路瓦(最近の製品)が一番軽い!?驚きです。
一番重いのは、産地は分かりませんが「江戸末期」に焼かれた瓦。
全然、重さが違います。

そこで、江戸棟梁の一言
『日本瓦の家は地震に弱い、なんて、間違った宣伝しよって!!』
と棟梁はお怒りです。
それは、私も同感です!!
”日本瓦の家は地震に弱い”なんてウソですよ、間違っています。
”日本瓦の重さに対応した(耐えられる)建築が一番、地震に強い”
です。
間違いありません。






関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
46位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR