構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

『ホームコネクター』による梁-梁継ぎ手接合部載荷試験

『ホームコネクター』による梁-梁継ぎ手接合部載荷試験。

㈱ナカムラの篠山工場で、『ホームコネクター』による梁-梁継ぎ手接合部載荷試験
を行いました。

通常の床梁を想定した水平梁と、切妻の棟を想定した棟部梁で、
梁-梁接合部(継ぎ手)を『ホームコネクター』で構成した試験体を作成して、
鉛直荷重を想定した載荷試験を行いました。

棟を想定した、棟部梁の試験体です。
ホームコネクター棟試験体

棟を想定した棟部梁の載荷風景です
ホームコネクター棟試験

水平梁を想定した試験体の載荷風景です。
ホームコネクター梁試験

事前に、荷重/変形を試算・想定して、載荷試験をしましたが、
概ね、概算的には、期待通り、想定どおりの結果を得ることができました。

試験前は、
①予定している強度が出るだろうか?
②弾性範囲内で、除荷したときに、変形が残らないだろうか?
③載荷・除荷・載荷・・・をくり返したときに、同じ荷重/変形になるだろうか?
④破壊する(最大荷重)まで載荷できるだろうか?
⑤面外の座屈が生じたらどうしよう・・・抑えるための重量物を準備しなくては??
など、心配していましたが、概ね、期待通り、問題なく、試験できました。

特に、事前に、荷重/変形を試算・想定していましたが、
水平梁が、想定最大荷重50KNのところが30KN程度まで、
棟部梁が、想定最大荷重100KNのところが70KN程度まで、
というように、想定内で、しかも『いい線ついてますねぇ』と少々の驚きと、
『もう少しいくと期待していたのに』という、残念さと、両方の思いが有ります。

※「想定」というのは、
 『ここまではいかないだろう、ここに至るまでのどこかで破壊するだろう』
 『ここまで試算しておけば、十分だろう』
という想定です。
決して「予定の荷重まで届かなかった」ということではないので、念のため。

結果的に、上記の①~⑤は全て杞憂に終わりましたが、
特に、『④破壊する(最大荷重)まで載荷できるだろうか?』
『⑤面外の座屈が生じたらどうしよう・・・抑えるための重量物を準備しなくては??』
というのは、経験不足からくる、ホント「イラン心配」でした。
でもほんの少し『載荷装置の能力を超える耐力』を期待していたのに・・・残念!

自社での試験は、いい結果が得られたことと、社員みんなで実験に参加して、目の前で
実験を見られたことが、とても良かったと思います。

ご指導・計測とともに、力仕事もして頂いた、奈良女子大学の瀧野先生をはじめ、
瀧野ゼミの皆さん、たいへん暑い中、どうもありがとうございました。
また、載荷装置のコンプレッサーや電源装置を助けて頂いた、三和金属の藤原会長
にも厚く御礼申し上げます。

(そうそう、藤原会長が陣中見舞いのお土産に持ってきていただいたドラ焼きですが、
 小豆の餡子がしっとりしてて、栗も入っていてとても美味しかったです。
 試験とは関係ないですが[言うまでもないこと・・・]、こちらのほうも、とても有意義?
でした、重ねて御礼申し上げます。)

多くの方々のご協力をいただいて、有意義な試験をすることができました、本当に
ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
30位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR