構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『熊本地震による木造建築物の被害調査報告会』を聴講しました。

『熊本地震による木造建築物の被害調査報告会』を聴講しました。

熊本地震調査報告建築学会近畿木造

建築学会の近畿支部木造部会よる調査と報告です。

改めて、日本史上、最大級の地震であることを感じました。

・震度7が2回、震度6が4回、熊本地方の狭い範囲で起こっています。
 (もう1回、震度6が起こってますが、これは阿蘇地方に分類されています)

・地表地震断層の変移量が最大で2.2m(阪神淡路大震災の、野島断層が2.1m)

・震度6の発生範囲が約50km
 (これは阪神淡路大震災より少し狭い感じですが、その分、狭い範囲に集中して 
  いたということで、建築物にとっては厳しい地震ですね)

などなど、たいへんなことが起きていたと、改めて怖くなりました。

建物の被害で一番驚くのが、建物の移動、柱脚の移動量です。
石場建とか、土台が礎石に緊結されていないとか、伝統工法の
建物が50cm以上も、動いているんです。
飛び跳ねた、ってことでしょうか?

参加者の皆さんは、この、伝統工法の建築物の被害や耐震要素の
挙動、それに柱脚に、特に興味がおありの様子で、ここに質問が多く、
議論が盛んでした。

私としては、築15年未満の現代木造の被害について、
どの程度?なぜ?今後の対策は?
など、お聞きしたかったんですが。

まだまだ、これから分析や研究がされるようです。
注目しましょう、伝統建築にも、現代建築にも、木造に注目しましょう。



関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
768位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
29位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。