FC2ブログ

構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

「キンセイ建材」さんに来ていただきました。

「キンセイ建材」さんに来ていただきました。

『仕口ダンパー』について教えていただきました。

伝統木造の耐震補強によく採用されているものですね。
「平等院鳳凰堂」の耐震補強にも使われています。
(以前にテレビのニュースで見ました)

JSCA関西の「限界耐力設計」による伝統木造の耐震補強に使われている
『耐震リング』もこの類ですね。

「ダンパー」そのものの性能も重要ですが、それ以上に、木造躯体の性能というか
“質”が問題ですね。特に、耐震補強の場合は。
新築でも、補強する際に木軸を取り替えるにしても、ダンパーを取り付ける
木質の強度や性質は、制震性能に影響しませんか?

どんな木質でも制震性能は一定ですか?

仕口ダンパーは「仕口」の補強材ですが、四隅につけると、筋交などの耐力壁と
同じような効果があり、同じような計算ができるようです。

でも、「許容応力度計算」といえども、「保有水平耐力」とか「復元力特性」とか
難しそうですね。というか、弾性設計なのか塑性設計なのかよく意味が分かりません。

もともと、木造の耐力壁の考え方が、塑性域や終局耐力を考慮した決め方で
塑性設計をしていることになるのかな??
勉強しましょう。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
46位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR