FC2ブログ

構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

「伝統的木造建築」の構造設計は「限界耐力計算」しかないですか?

「伝統的木造建築」の構造設計は「限界耐力計算」しかないですか?

いわゆる「姉歯事件」に端を発した「建築基準法」の見直しのなかで、
「伝統的木造建築」の構造に関わる確認申請手続きをどうするか?
議論があるようです。

基礎無し(束石の上に柱を載せる、石場建て)
耐力壁・筋交なし(土壁とか木づり壁、胴差し端部の長ホゾや貫き)
重い屋根(焼き瓦、葺き土)
など、現在の木造軸組工法の壁量設計や許容応力度設計では、説明がつかない
というか、構造的に満足しない要素が、
「伝統的木造建築」には、たくさんありますね。

それらを加味して構造計算する方法として「限界耐力設計」が提唱されています。

「伝統的木造建築」の「限界耐力設計」については、JSCA関西の木構造分科会で、熱心に研究、勉強会、講習会がなされています。

私も参加させていただいていますが、なかなか、難しくて。。。

でも、既存の耐震補強には、なくてはならない技術のようですので、
んなとか、ものにしたいものです。


ジョインウッドタイトルナカムラタイトル

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
41位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR