FC2ブログ

構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

「錦帯橋」を知ってますか?「キャンティ」か「アーチ」かって議論があるそうですね。

「錦帯橋」を知ってますか?「キャンティ」か「アーチ」かって議論があるそうですね。

「錦帯橋」って、山口県の木造の橋です。
木造の橋として観光名所ですね。

この橋、これまでに3回くらい架け替えられているでしょう?
そのときに、「キャンティ」か「アーチ」かって、解らなかったんでしょうか?
工事をするときに、構造が解っていないと工事ができないように思いますが?

この橋が最初に架けられたのが17世紀の後半、徳川四代「家綱」の時代です。
たしかに、当時は勘と経験でしょうが、その後何回か架け替えられて、
平成13年(2001年)には「平成の架替」と呼ばれる工事が行われています。

このときに、構造解析などの理論武装はしなかったんですか?
「前と同じように作れば大丈夫」とかで、工事したんですか?
でも、材料も違えば、法規とか基準も違う?文化財は関係なし?
ちょっとわかりませんね。

ただ、この橋が、「キャンティ」か「アーチ」かって、悩む気持ちはわかります。
一見すると、「アーチ」とか「迫持(せりもち)」に見えますね。
でも、部材1本1本は、片持ち梁で落ちないような組み方がされています。

私の想像ですが、施工中は、部材1本1本が片持ち梁で落ちないように組んで、
最後まで組み上がったら、両側からの「アーチ」「迫持(せりもち)」状に
組みあがるのでは?と思います。
(想像ですが、けっこう自信有りますね、この理論(?)に)

この橋、部材1本1本を見ると、とてもおもしろいですよ。
木質構造的に。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
29位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR