FC2ブログ

構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

「直下率」って大切ですよ

直下率って大切ですよ。
今日、いただいた構造相談、2件とも同じようなお話をさせていただきました。
要するに「直下率」の問題です。

その1
2階建ですが、床面積が、1階より2階の方が広い。
2階の床がオーバーハングしてて、1階より2階の方が広いんです。
敷地の関係で、ガレージを取ると、1階が狭くなり、2階を広く取りたい
ということで、ガレージの上にオーバーハングさせています。
しかも、出幅が2m。難しいですね。

その2
2階建で、1階の広いLDKの上に、インナーバルコニーが載っている。
見方によっては、インナーバルコニーが宙に浮いているようなプランです。
ただでさえ広いLDK、その上に2階の外周が載っているというか、
浮いているというか。。。
厳しいですね、木造としては。
しかも、デベロッパーさんの「分譲地・売り建て」なのでコストはかけられないし。
コスト青天井であれば、どうにでもできそうですが、コストを意識すると、材料や
サイズが限定されて、構造的にとても難しいですね。

建蔽率や容積率と同様に「直下率」も制限しませんか?
絶対ではないにしろ「直下率」って大切で、特に
“4号”では、「直下率」を規定、制限したほうがいいと思いますが。
いかがですか?
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
41位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR