FC2ブログ

構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

My computer history-episode1初めてのコンピューター

私の事務所に始めてWindows7を入れました。2011年7月のことです。
初めてです、ちょっと遅いですか。

人生の先が見えてくると、昔が懐かしくなります。
プチ自慢ですが、My computer historyをつづりたいと思います。

まず、私が初めてコンピューターに出会ったのは1977年です。
学生時代、学校の「電算機室」でした。富士通のFACOMです。
授業の一環でした。一応、専門課程ですが、全員必須でした。
建築も土木も電気電子も機械も、全ての学科で共通の専門課程でした。

なにをしたかなぁ。
fortranで、カレンダーを印刷するプログラムを作ったことを覚えています。
パンチカードを学食の売店で買って、プログラムとデータをパンチして、
計算依頼を出しておくと、コンパイル・リンク・GOしてくれるんです。

懐かしいですね、compile-link-go を知っている人は少ないかも?
fortranも、いまや歴史上のお話、化石みたいなもんですね。

このFacom-Fortranで、平面フレームの応力解析をするための、連立方程式を
解くプログラムを作りましたよ。
専門課程の課題でした。一人一人、違うフレームで課題を与えられました。
層数がちがう、柱配置がちがう、荷重が違う、絶対同じ答えは出ないように
一人一人、違う課題を与えられて、応力解析します。
ツールは、Facom-Fortranです。
電卓は?たしか無かったですね。当時、関数電卓が数万円もして、学生個人で持っている
人は少なかったです。

そんな時代からコンピューターを使い出して35年になります。
私自身がだいぶ耄碌して、いろんなことを忘れかけているので、少しずつ、
My computer historyをつづりたいと思います。

富士通さんのサイト、 情報処理学会さんのサイトを参照させていただきます。
ご了承ください。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
41位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR