FC2ブログ

構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Category [木質構造・一般 ] 記事一覧

「ダイナム・篠山店」の木質トラスを見てきました

「ダイナム・篠山店」の木質トラスを見てきました。前から、気になっていたんですが、初めて、近くで見てきました。パチンコ「ダイナム・篠山店」構造設計は「株式会社ダイテック」さんです。部材のプレカット・建方もされています。福島県いわき市ですが、今年3月にお邪魔して、プレカット工場を見せていただきました。夜は社長様、常務様や設計の方々と懇談させていただき、「めひかりの唐揚げ」をはじめとして、たくさんのおい...

北上の様子が日テレ系ニュース番組「NEWS ZERO」で紹介されていました。

昨夜の、日テレ系ニュース番組「NEWS ZERO」で、北上川の河口付近の様子が紹介されていました。その映像に「石巻市北上総合支所」が映し出されていました。この施設は、木造の事務所棟と、RCのホール棟が隣接しています。地震と津波で、RCのホール棟はぐちゃぐちゃに壊れて、木造の事務所棟は残りました。木造の事務所棟は「KES」さんの構造です。KESさんの震災報告に詳しく紹介されています。KESさんのお仕事は、普...

住宅基礎の溶接鉄筋って便利ですか?

住宅基礎の溶接鉄筋って便利ですか?「住宅基礎鉄筋工業会」のメンバー「創桐」さんに来ていただいて「推奨基礎仕様」の説明をしていただきました。工事の方は詳しくないのですが、溶接鉄筋って便利ですか?私のお客様で、利用されるところが増えてますね。「溶接」については、建築センターの評定を受けておられるし、専用(専門)工場での溶接ですので、安心感がありますね。中途半端な現場フックより、良いのでは?と思います。溶...

木造軸組の梁継手と柱脚(東京大学・腰原先生とお話しました)

先日、ある会合で東京大学・腰原先生とお話ができました。腰原先生の理論には、私も同調するところが多く、この日も、木造軸組の梁継ぎ手について話が盛り上がりました。・木造軸組の梁にも継ぎ手があっていいじゃないか・標準的な納まりを作って、剛性・強度など、規格化すればなど、我々が日ごろ苦労しているところを「日常化」できるよう、声を発していただきました。軸組工法の柱脚は、大断面を使う場合、「ピン」にするか「バ...

「耐震リフォーム」と「耐震基準適合証」

「耐震基準適合証」で、減税とかけっこう得をしますね。http://www.tekigou.jp/・住宅ローン控除・登録免許税、不動産取得税、固定資産税などの減税・地震保険の保険料の割引きなどが、数年間も受けられるので、けっこう得をしますよ。中古住宅購入時に「耐震診断」をして「耐震基準適合証」を手に入れる、とか、「耐震リフォーム」して「耐震基準適合証」を手に入れることができます。日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協...

「筋違金物」の使い方

今日、社内の会議で「筋違金物」が話題になりました。「ボックス型」の筋違金物は「古い」ですか?柱脚から100~200mm高さに、柱に止めつける「L型」が新しい、今の流れですか?私は、柱に止めつける「L型」は、お勧めじゃないですね。筋違が「引張」になったときにモロに柱が引き抜かれますね。筋違が「圧縮」になったときもモロに柱が圧縮されるか、土台への「めり込み」が気にになりますね。それに、柱の仕口(ホゾ)が「せん断...

「塗り」仕上げで通気工法は難しいですね。

木造の「壁通気工法」といえば一般に「サイディング」ですね。「モルタル」などの「塗り」の場合は、「壁通気工法」にするのは、ちょっと厄介ですね。「塗り」の場合どこで通気を取るか?①「塗り」と下地合板の間で通気をとる。②下地合板と躯体の間で通気をとる。どちらでしょうね。①だと、「下地合板」が「耐力壁面材」を兼ねますね。でも、・「ラス」を止めるときに「耐力壁面材」にダメージを与えないように・防水シートで通気...

「直下率」って大切ですよ

「直下率」って大切ですよ。今日、いただいた構造相談、2件とも同じようなお話をさせていただきました。要するに「直下率」の問題です。その12階建ですが、床面積が、1階より2階の方が広い。2階の床がオーバーハングしてて、1階より2階の方が広いんです。敷地の関係で、ガレージを取ると、1階が狭くなり、2階を広く取りたいということで、ガレージの上にオーバーハングさせています。しかも、出幅が2m。難しいですね。...

OSB9mmで壁倍率4倍(木造軸組工法)

木造軸組工法の「耐力壁」で、OSB9mmは壁倍率4.1倍がとれるようです。OSB4.1倍新聞記事認定書取得告示では2.5倍ですね。大臣認定で4.1倍?この違いは何でしょう??秘密は「釘」と「個別認定」でしょう。「釘」はCN50釘限定。「個別認定」では、釘ピッチを細かく指定。特に、釘ピッチを細かくして、釘をたくさん打てば、壁の耐力が上がることは一般に知られています。が、釘をどれだけ打てば、耐力がどれだけ上がるか...

国土交通省官庁営繕部「木造計画・設計基準」について

木造で公共建築物を整備する際の技術的な指針が出されました。木造計画・設計基準の制定 <H23.5.10> いわゆる「公共建築木造化推進法」に対応する設計基準・指針ですね。構造に関する部分しか読んでいませんが、けっこう厄介ですね。・「事務所」用途向けに説明されている。・「壁量計算」はダメ。許容応力度設計・保有耐力設計・限界耐力設計のいずれか。・50~60年の耐用年数・「壁構造系」と「軸構造系」に分けて示されて...

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
46位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR