構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

旧堂島ホテル。

旧堂島ホテル。

堂島ホテルは、昨年末に閉館しました。残念。
耐震強度の不足ですか? そんなに古い??
今は、仮囲いの中にたたずんでいます。
旧堂島ホテル

最近、ドーチカから中之島あたりを、うろうろしてます。
うろうろ、といっても意味も無くうろついているわけではなく、
とある電炉メーカーさんにお邪魔しています。

RC構造の、鉄筋の定着板のお仕事です。
まだ、勉強中ですが、定着板の設計確認のお仕事を
させいただこうと、目論んでいます。

堂島ホテルとは何の関係も無いですが、
道すがら、目に付いたもので。。。。

2017の桜です。バーベキューです。

2017の桜です。バーベキューです。

恒例の、篠山の会社の駐車場での、お花見バーベキューです。
社員と、社員の家族と、取引先のお客様が数人。
総勢40人近くでの、大バーベキュー大会です。

篠山牛と篠山の野菜かな?たぶん。。。
BBQ2017-1


これは篠山では獲れません。
BBQ2017-2


これも冷凍ですが。
BBQ2017-3

あ~、おいしかった。ご馳走様。

最後に、お口直し。
BBQ2017-5
会社から見える風景です。
もうすぐ、田植えのシーズンです。

篠山は、四季がハッキリしており、どの季節も、
それぞれに、ホント味わい深いものがあります。
盆地ですので、夏暑く冬寒い気候ですが、それゆえに、
桜~田植え~青葉~蝉の声~枝豆~紅葉~雪~ぼたん(猪)
どの季節も、その季節を感じていただける、すばらしいものがあります。
是非、篠山ヘお越しください。
丹波篠山の構造屋でした。


2017の桜です。少し晴れてきました。

2017の桜です。少し晴れてきました。

2017の桜3

篠山のさくらは、今日明日が満開です。

2017の桜4

今日は、これから、BBQ大会です。
晴れてくれよぉ~。

2017の桜です。今年は『雲』が多いですねぇ。

2017の桜です。今年は『雲』が多いですねぇ。

篠山。
会社近くの川縁りです。 川の土手に3~4kmの桜並木が続いています。
2017の桜2篠山

今年の桜はおかしい?ですねぇ??確かに。
鹿児島や宮崎で開花が遅れて、満開にならないとか??

篠山の桜も、満開なのに、早くも「葉」が出ています。
2017の桜1篠山
こういうところが、少なくないんです。
残念ですねぇ、
冬の茶褐色~春のピンク~初夏のみどり と、移り変わりが、とても綺麗で
わくわくするのに。。。今年は、何か違いますね。


こちらは、自宅近くの「藤原山」です。
2017の桜3藤原山

自治会の「さくら祭り」には、地元の中学生たちも参加しています。
2017の桜4藤原山

それにしても、今年の桜は『雲』が多い。。。私のアルバムだけかな??

道の駅『みさき』、オープンです!!

道の駅『みさき』、オープンです!!

『夢灯台』っていう愛称ですね。
岬1

ゆるキャラの名前は? 「みかん」と「大根?」ですか?
岬2

大勢のお客さんで賑わっています。
岬3

筋交も違和感無いですね。
岬4

レストランからの眺めが素敵です。
岬5

向こう見えるのが『夢灯台』です。
岬6

これが『夢灯台』です。
岬7

『夢灯台』からの眺めがまた、良い。
岬8

駐車場が満車で渋滞が続きます。
岬9

岬町は大阪市内から車で1時間ほどですが、大阪府とは思えない、南国の雰囲気ですね。

大分・佐伯へ行って来ました。『佐伯』は「さいき」と読むんですね。

大分・佐伯へ行って来ました。『佐伯』は「さいき」と読むんですね。

『佐伯広域森林組合』さんのプレカット工場を見せて頂きました。
加工機は、
・柱と横架材兼用機
・柱専用機
・羽柄加工機
・その他、単体機が5台ほど
とても充実した設備ですし、機械類がとてもきれいで、丁寧に使われている
印象を受けました。

それにしても、われわれが普段、接しているプレカットとの違い、地域性を感じました。

・グリーン材が多いこと
・火打ち梁は木製が主流であること
・金物工法が少ないこと(珍しいくらい、少ないようです)
など。

仕事はそれくらいにして。。。。

伊丹-大分往復の飛行機は、こんな感じ。
大分佐伯1


お昼は、『自分で作る海鮮丼』
佐伯の漁港近くで、とても新鮮な魚介類をいただきました。
大分佐伯2

お造りでも、丼にしても、どちらでいただいても、美味しいです。
大分佐伯3

帰りは、飛行機の時刻まで時間が有ったので、別府に立ち寄りました。
温泉卵の無人販売。(自動販売機ではありません、みんないい人なので)
大分佐伯4

充実した、大分・佐伯の日帰り出張でした。

『丹波焼の里、春ものがたり』へのお誘い

『丹波焼の里、春ものがたり』へのお誘いです。

『丹波焼』っていうより『立杭焼(たちくいやき)』です。
日本六古窯(にほんろっこよう)の一つ、≪丹波立杭焼≫です。
立杭の里は、渡辺 淳一の小説の舞台にもなった、とても良いところです。

50軒以上の窯元があり、古き良き伝統を受け継いでいます。

立杭焼は、平安時代末期から鎌倉時代が発祥といわれ、
登り窯により最高温度約1300度で50〜70時間も焼かれるため
器の上に降りかかった松の薪の灰が、釉薬と化合して
独特の、渋い模様・色合いになります。
派手さはありませんが、落ち着いた作品です。

『丹波焼の里、春ものがたり』の案内は、こちらをご覧ください。
丹波焼の里春ものがたり
https://tanbayaki.com/harumonogatari/2017/

京都・向日市の『株式会社リヴ』さんの新しい社屋を見せて頂きました。その2

京都・向日市の『株式会社リヴ』さんの新しい社屋を見せて頂きました。その2

『株式会社リヴ』さんの新しい社屋で、カナダビールとカナダワインとカナダポークと・・・
たくさんのご馳走をいただきました。

おっと、その前に、ちゃーんと勉強会をしてますよ。
テーマは『カナダ木材と2X4建築セミナー』

セミナーの内容はさておき、まずは、ご馳走を紹介します。
LIVさんイベント

ビールは『スリーマン(Sleeman)』
LIVさんカナダビール2

ワインは『Oak Bay Gewürztraminer(オーク・ベイ ゲヴュルツトラミネール)』
LIVさんカナダワイン

そしてご馳走は『カナダポーク』です。
カナダポークは、BBQと煮込み?と、その他いろいろ。

ピザは、手作りの釜で焼きます。もちろんピザも手作り。
LIVさんは「家づくり」もさることながら、ピザのお味もなかなかのものですね。

LIVさんピザ釜

ご馳走様でした。

追伸
カナダ政府殿
いつもお世話になっております。
ケビン・J・ビューズ様はじめ、COFIの方々には、
日頃よりたいへんお世話になっており、御礼申し上げます。
さて、上記のイベントには、在名古屋カナダ領事館より、
カナダビールとカナダワイン、(カナダポークも??)を提供いただいた
とお聞きしました。
日本国民を代表して、ってことはないですが、厚く御礼申し上げます。
で、『カナダ木材・・・』の件は、後日、紹介させていただきます。
少々、お待ちください。
                      ジョインウッド・波多野

京都・向日市の『株式会社リヴ』さんの新しい社屋を見せて頂きました。

京都・向日市の『株式会社リヴ』さんの新しい社屋を見せて頂きました。

5階建(1階:RC、2~5階:木造枠組壁工法)
RCとツーバイの混構造です。
さらに、耐火構造。
おまけに、構造設計ルート3。
なかなか、できない建築です。

LIVさん全景

夜景もいいですね。
LIVさん夜景

耐火仕様の壁厚です
LIVさん壁厚1

LIVさん壁厚2

最後は、カナダビール。 
エッ?なぜカナダビールかって。。。エヘヘ、カナダワインもいただきました。
後ほどご紹介します。
LIVさんカナダビール


聖公会ソウル大聖堂 (明洞聖堂)です。

聖公会ソウル大聖堂 (明洞聖堂)です。

正式には
『韓国カトリックソウル大司教区司教座聖母マリア無原罪のおんやどり明洞大聖堂』

地下鉄の「明洞・ミョンドン」駅から歩いてすぐ。
大聖堂までの道筋には、食べ物や衣料品、雑貨などの屋台やたくさん出ていて
とても楽しい一角です。

聖公会ソウル大聖堂 (明洞聖堂)です。
韓国明洞大聖堂-0


ステンドグラスを外から見ると。。。
韓国明洞大聖堂-2

中から見ると、すばらしいですね、この、ギャップがまたいい、驚きと感動です。
韓国明洞大聖堂-3

建築史には詳しくないので、解説しません。
が、大好きです、私はこの空間、このカタチが。
韓国明洞大聖堂-4

韓国明洞大聖堂-5

この空間にいると、正に世俗を忘れるというか、気持ちが切り替わります。
私は、特段、信仰深くもないし、入信も出家もしていません。
でも、カトリックにしても、仏教にしても、それぞれの空間が大好きです。

※こんなことしてると、いつか出家しそうかなぁ??



誰か教えてください、地盤改良。

誰か教えてください、地盤改良。

木造軸組工法の場合、基礎は、ヌノ基礎かベタ基礎ですね。
独立基礎って、あまり(めったに)しないですね。
(一部の独立柱を、独立基礎にしたりしますが、建物全体というか
 主要な基礎を独立基礎にすることは無いと思います)

そんな、ヌノ基礎・ベタ基礎の地盤補強ですが、こんなことが
多いんです、見てください。
杭による地盤補強っていいんでしょうか

ベタ基礎の地盤補強といいなかがら、基礎梁の下しか杭が無い??
ベタ基礎下には、全くくいがありません。
すなわち、ベタ基礎下は地盤補強が無い、ということです。
こんなんアリィ??

だれか、教えてください。

『韓屋(かんおく、はんおく、ハノク、한옥)』のプレカット工場を訪問しました。

『韓屋(かんおく、はんおく、ハノク、한옥)』のプレカット工場を訪問しました。
韓国も3日目になると、なじんできましたねぇ。

さて、今日は『韓屋(かんおく、はんおく、ハノク、한옥)』のプレカット工場を訪問しました。
『はんおく』を知っていますか?
韓国の伝統的な木造軸組の建物です。
日本の「伝統建築」と、構造的に、とてもよく似ています。
・石場立ての柱脚
・「ヌキ」や「ホゾ」でモーメント抵抗(半剛、曲げバネ)
・和小屋風の小屋組
など、構造的にはとてもよく似ています。

特に私が気に入っているのが、こういう小屋組です。
力学的にも合理的で、見た目にも美しいですね。
(仁川・インチョンにある某工場事務所の玄関に使われています)
韓国20170221-0
こういうのを『韓屋』といいます。


プレカットされています。
韓国20170221-1

韓国20170221-2
黒い名刺入れが100mmX70mm程度ですから、
梁幅が180~210mm程度あります。
韓国20170221-3
日本の在来と似ていますが、違うものです。まさに、似て非なるものです。


これは「金物工法」の「韓屋」です。「新韓屋」「new Hanoku」というらしいです。
韓国20170221-4


さて、今日も仕事はこれくらいにしてっと。。。。

今日のおまけ1:シーフードのお粥
『鮑粥が食べたい』って、リクエストしたつもりが、コレ?
韓国20170221-5

今日のおまけ2:プルコギ定食
これも、「プルコギ」って、こんなにお汁が多かったっけ??
韓国20170221-6

まあ、どっちも美味しいからヨシとしましょう。
ご馳走様。

今夜、ソウル・仁川インチョンからホーチミンへ向けて、飛び立ちます。
(お腹いっぱいで飛べるかなぁ??、それが心配・・・・・)
・・・

韓国二日目、ソウル-水原(スゥオン)-仁川(インチョン)

韓国二日目、ソウル-スゥオン(水原)-仁川(インチョン)

ビルダーを兼ねる設計事務所へお邪魔しました。
意見交換のあと、在来軸組工法とツーバイフォー(2X4)の現場を
視察しました。

外装をレンガで仕上げていますが、構造は在来軸組工法です
(タイルじゃないですよ、本物のレンガ!!)
韓国20170220-1

ツーバイフォー(2X4)の現場です。
さすがに、ここは、OSBです。
床、壁、屋根、全てOSBです。
韓国20170220-2

製材所を見せていただきました。
製材-ラミナ加工-集成材・CLT-構造材・羽柄・建具・内装材・・・何でもあり、
全て、自前で作ってしまう工場です
こんな丸太、見たこと無い!?
韓国20170220-3


今日のおまけ、その1:骨付きカルビ
韓国20170220-4


今日のおまけ、その2:うなぎ(テーブルのコンロで焼いてくれます)
韓国20170220-5


今日のおまけのおまけの、もひとつオマケ。
韓国20170220-6

今日からソウルです、ホーチミンじゃなく。

今日からソウルです、ホーチミンじゃなく。
jなんでまた、ソウルなのか?理由はいずれお話します。
今日は、日曜日で移動日なので、勘弁してください。

明洞大聖堂(ミョンドンだいせいどう)です。
正式には
『韓国カトリックソウル大司教区司教座聖母マリア無原罪のおんやどり明洞大聖堂』
というらしい。
とても背が高いですね、サイゴンとかハノイより、背が高いように思います。
19世紀末に建てられたようです。
韓国20170219-1


東大門(トンデムン、とうだいもん)です。
正式には『興仁之門(フンインジムン、こうじんしもん)』と言うらしいです。
14世紀に建てられています。
韓国20170219-2


これはオマケ。
タッカンマリです。(タッハンマリともうらしい。。。ハングルは難しい!?)
鳥1羽、まるまるです。これを二人でいただきました。
『これでもか!!』というくらい『鳥を食え』『食っても食っても鳥ばかり』てな料理です。
二人だと、サイドメニューを頼めない・・・・、でも、〆のメンだけは
しっかりといただきました。
韓国20170219-3

オマケのおまけ。
韓国20170219-4

ご馳走様でした。

栃木へ行って来ました。

栃木へ行ってきました。

知らなかったです、栃木がこんなに面白いところとは。
栃木の駅から北へ歩くこと5分~20分ほど。
とても楽しいです。

築100年~200年の建物がゴロゴロあります。ホント。
その一部をご紹介します。

栃木のRC2
栃木のRC1
人形店
呉服店

新聞社の社屋のようです。
下野新聞社1
下野新聞社2

今から170年前の建築です。
古久磯提灯店見世蔵2
古久磯提灯店見世蔵2

今年も1月17日がやってきました。

今年も1月17日がやってきました。
(今日は、朝から、三宮で仕事。
 少し、早めに着いて、焼香と献灯、献花をさせていただきました)

当時、神戸市北区のマンションで暮らして、三宮の本社に勤務していましたが、
当時の勤務先の「名古屋支店」から「安否確認」の電話がかかってきたことを
覚えています。
そして、翌日には、歩いて三宮まで。。。。
何より、覚えているのは、余震が来る直前の「ゴー」「グー」という地鳴りですね。
その音が聞こえると『来るぞ来るぞ・・・』と身構えたものです。
ほんと、怖かったです。

私たちは「戦争を知らない子供たち」と言われ、歌ったものですが、
今の神戸の若者は「震災を知らない子供たち」ですね。
神戸だけじゃ無しに、淡路から阪神間一帯が、惨憺たる状況でした。

仕事がら、とても気になるし、意識するこの日です。

今朝の東遊園地です。
1-17神戸20170117-2

1-17神戸20170117-1

『平成28年度中大規模木造建築物勉強会・兵庫』

『平成28年度中大規模木造建築物勉強会・兵庫』

兵庫県(林務課)や各団体の後援をいただいて、「兵庫県の木で建築しよう」を
合言葉?にして、勉強会が開かれます。

私も、自宅を「丹波篠山の木」で建てた一人として、お役に立てればと思います。
兵庫県内のみならず、近畿一円、日本中、いや世界中からのご参加をお待ち
しています。

『平成28年度中大規模木造建築物勉強会・兵庫』案内

申込書はこちら
『平成28年度中大規模木造建築物勉強会・兵庫』申込書

道の駅「みさき」の上棟です。

道の駅「みさき」の上棟です。

建築面積 約900㎡、 延べ床面積 約770㎡
軒高さ 8.95m  建物高さ11m
木造軸組「NK工法」、平屋建

最初にお話をいただいたのが2015年の夏でした、たしか。。。
約1年の設計を経て、足掛け2年での上棟です。

場所は、大阪府岬町、 右に大阪湾、左に紀淡海峡を望む、とても良いところです。
道の駅みさき上棟1


八角形の展望塔の棟も上がりました。
道の駅みさき上棟2
この展望棟の水平力をどう処理するか、最初からのアイデアというか
構造計画・設計方針は変更なしで最後まで貫きましが、計算(書)の追加変更は、
多かったです。
苦労しました。(私じゃなしに、うちの設計部長が)

確認申請は大阪府の建築指導室殿です。
咲洲庁舎まで通いましたよ、篠山から、うちの構造部長が、何回か。
篠山から咲洲までの走行距離、片道約80km、往復160km
(設計には関係ない距離ですが、結構、遠いですねぇ)

私は2回、行きましたっけ、咲洲庁舎まで。
いところですね、咲洲庁舎も、見晴らしの良い、すばらしい事務所でした。

東京・駒沢公園です。今話題のTOKYO1964、じゃなかったかな?

東京・駒沢公園です。今話題のTOKYO1964、じゃなかったかな?

私にとって、TOKYO1964は、すごく思い出のあるオリンピックです。
私は、当時5歳。
初めて、我が家に「テレビ」がやってきて、父が開会式を国立競技場で観覧して
帰りに、ブリキの飛行機のおもちゃをかってきてくれました。
しっかり、覚えています。

我が家には、TOKYO1964に関する、本や写真集がどっさりあります。
全て、父のコレクションで、私も、興味津々で見た覚えがあります。

ここは、その記念公園です。初めて来ました。
陸上競技場です。
駒沢公園1

オリンピック記念塔です。
駒沢公園2

体育館、いわゆる「駒沢体育館」です。
駒沢公園3
この中に、ギャラリーがあり、TOYKO1964をはじめとして、
オリンピックの歴史を見ることができます。

バレーボールの猫田とか森田とか、体操の塚原とか加藤とか、
サッカーの釜本とか杉山とか、柔道の山下とか斉藤とか
東京、メキシコ、ミュンヘン、ロサンゼルスなど、私の中でごっちゃになっていますが
私にとっては、懐かしさを感じる空間でした。

地上55階建の免震タワーマンションの現場を見せて頂きました。

地上55階建の免震タワーマンションの現場を見せて頂きました。
なんと、軒高192m!!

四十数階まで躯体が上がっています。
三十数階までは仕上げ工事が進んでいます。

延べ床面積98,000㎡、工期37ヶ月ということは、1カ月で2,650㎡程度を
施工することになりますね、スゴイ。
プレキャストの技術がその工期を可能にしているようです。

四十数階の躯体施工の最前線と、三十数階の仕上げ工事、それに地下の免震装置
を見せて頂きました。
免震タワーマンションの現場

とても素敵なマンションができそうです。

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
38位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR