FC2ブログ

構造屋のつぶやき

丹波篠山から木質構造(木造)とベトナムの情報を発信します。

Entries

『2x4工法の新作ビデオとキャンペーン』だって!??

『2x4工法の新作ビデオとキャンペーン』だって!??
https://2x4.jp/


2X4プレゼントキャンペーン201812-1
『カナダの美味しい高級ギフトセット』が当たるらしい!!?
★★ ↓詳細はこちら(キャンペーンサイト)↓ ★★
https://cofi.us7.list-manage.com/track/click?u=35b43a5fc1921c9c0414a1200&id=d174d6c49f&e=79ecbfa9b5


2X4プレゼントキャンペーン201812-2

カナダ、行ってみたぁい。。。いつも、ベトナムじゃあねぇ。。。

ツーバイ工法の5階建の現場を見せていただきました。


ツーバイ工法の5階建の現場を見せていただきました。

1階と2階がRCです。
3階4階5階がツーバイ工法。


長岡京2X4の5階建て201812-1
京都産の杉材を2インチ幅に加工して。。。
長岡京2X4の5階建て201812-2
京都産の杉とSPFの混在です。
長岡京2X4の5階建て201812-3
ここはペントハウス、つまり6階です。
長岡京2X4の5階建て201812-4

京都産の杉の2X4と2X6
長岡京2X4の5階建て201812-5

流石に、2X10は、杉では無理かなぁ・・・SPFです。
長岡京2X4の5階建て201812-6

タイダウンのボルトとナット。ボルトは全ねじ。
長岡京2X4の5階建て201812-7

長岡京2X4の5階建て201812-8

6階からの眺めはさすがに高いですね。
長岡京2X4の5階建て201812-9

長岡京2X4の5階建て201812-a

2018年秋、熊本の旅-3「阿蘇山」の表情-米塚と阿蘇牛

2018年秋、熊本の旅-3「阿蘇山」の表情-米塚と阿蘇牛

阿蘇一周のドライブです。
熊本の旅-阿蘇3-201811-1
米塚です。ホント、胚芽がとれた米粒、よくぞ米塚といったものてす。

熊本の旅-阿蘇3-201811-2
阿蘇牛も美味しそう???
仲良く隊列を組んでお散歩です。

熊本の旅-阿蘇3-201811-3

ホント、素晴らしく爽快なワインディングロードでした。

2018年秋、熊本の旅-2「阿蘇山」の表情

2018年秋、熊本の旅-2「阿蘇山」の表情

南阿蘇村・城山近くからの定点観測です。
阿蘇山~中岳 は、いろいろな表情を見せてくれました。

朝日に輝く阿蘇山~中岳。とても彫が深い表情です。
熊本の旅-阿蘇2-201811-2

熊本の旅-阿蘇2-201811-1

お昼ごろ、全体が光にあふれ、優しい表情にかわります。
熊本の旅-阿蘇2-201811-3

雲間からの薄日に照らされた阿蘇山~中岳
熊本の旅-阿蘇2-201811-4

晴天~薄黒い曇天まで、いろんな表情を見せていただきました。
阿蘇に感動です!!

2X4、5階建の現場です。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2018年秋、熊本の旅-1「阿蘇残、火口」

2018年秋、熊本の旅-1「阿蘇残、火口」

阿蘇は、もくもくと水蒸気を発する、火口のすぐそばまで
自動車で登ることができます。

熊本の旅-阿蘇1-201811‐1

火口を除くと、青々とした水溜まりがはっきりと見えます。
火口の中には池?湖?のように、大量の水が溜まっているようです。
熊本の旅-阿蘇1-201811‐2

熊本は、どこへ行っても、『くまモン』が大量発生しています。
ここにも、たくさんの、『くまモン』がいましたよ。
熊本の旅-阿蘇1-201811‐3

2018年秋、熊本の旅、まだまだ続きます。

京都・北山の旅201811-その1-

京都・北山の旅201811-その1-

鞍馬です、天狗様のお出迎え。
京都北山の旅201811-11

こんな立派な杉が台風で倒れたそうです。。。もったいない。
京都北山の旅201811-12

鞍馬寺です。
京都北山の旅201811-13

鞍馬寺の御神木は被害なし。よかったぁ。。。
京都北山の旅201811-14

とってもいい天気で、紅葉は盛りを少し過ぎて、石畳が赤や黄色に染まっていました。

熊本は水前寺公園で見つけたお土産。

熊本は水前寺公園で見つけたお土産。

持ち帰るには、ちょっと嵩みますので、送っていただきました。
それが、届いたのぉ~。

おみかんが5個、だけ。でも見て!?この大きさ。
写真の缶ビールは350cc本物の缶ビール・・・比べて見てください、その大きさ!?
熊本のお土産201811-1

くまモンもついてきました。「神戸まで来たモン」って。
熊本のお土産201811-2

直径19cmのおみかんです。
熊本のお土産201811-3

球の体積は、4/3xπxrxrxr(半径の3乗)
ということは、直径4cmのおみかんと、直径19cmのおみかんを比べると、
体積でなんと、100倍以上の違いがあります。
ちなみに、お値段は約40倍。とってもお得ですね。

皮もいただいたら、の比較ですが。。。さて、皮は食べられるか?
後日、報告します。
今日はここまで。

京都の北山は、大被害です。貴船から鞍馬を歩いてきました。

京都の北山は、大被害です。貴船から鞍馬を歩いてきました。

京都北山の台風被害-1

京都北山の台風被害-2

京都北山の台風被害-3

凄い被害ですね。。。
驚くやら、悲しむやら、あきれるやら。。。。
運び出せるものなら、運び出して、利用したいものですね。
このまま、朽ちていくのは、ほんと、もったいない。

東京の朝ごはん<その2>

東京の朝ごはん<その2>

今回の東京出張は朝ごはんにこだわってみました。
さて、どこの朝ごはんでしょうか?推理してみてください。

その2
フレンチです、お店の名前が。
場所は、都心の、旧萩藩毛利家屋敷跡地で、10年ほど前に再開発が完了した場所です。
さて、どこでしょうか?下の写真でわかりますか?
東京の朝ごはん2-1
朝食のメニューは、アメリカン?イタリアン?よくわからんです。
オムレツはもちろん、パンも、ジャム・バターも、コーヒーも
一味違う朝食でした。
この他に、フレンチトーストもいただきました。
(あわてて、ガッツいたので、写真を撮り忘れました)

コーヒーカップもこんな。。。お粥でも来るのかと思ったら、コーヒーカップでした。
東京の朝ごはん2-1



超高層ビルの谷間で、テラス席も素敵でした。
東京の朝ごはん2-3

ボールジョイントの3Dトラスで屋根がかかってます。
東京の朝ごはん2-2
ちなみに、この3Dトラス、圧縮材は普通ですが、引っ張り材が
凄く細いですね。
常時、平時はいいですが、地震とか台風で、横に揺れたときに
細い引っ張り材が、どう効くのか?効かないのか?ちょっと疑問に思いました。

東京の朝ごはん<その1>

東京の朝ごはん<その1>

今回の東京出張は朝ごはんにこだわってみました。
さて、どこの朝ごはんでしょうか?推理してみてください。

その1
お粥さんと18種類のおかず。お粥さんはおかわりをしてしまいました。
東京の朝ごはん1-1

いろんなお茶をいただけます。
東京の朝ごはん1-2

このステンドグラス、ちょっとかわってますね、アジアンチックなステンドグラス。
東京の朝ごはん1-3

さて、この場所は??


『たきこども園』上棟です。

篠山市たきこども園(仮称)(=篠山市草ノ上)の上棟です。
木造平屋「NK工法」で、約1000㎡。

木材の90%は「篠山産」だそうです。
篠山は山ばっかりだから。。。。
そういう、我が家も、篠山産の杉と桧のチャンポン建てです。

とりいそぎ、『たきこども園』の骨組みの写真です。
たきこどもえん上棟1

たきこどもえん上棟2


たきこどもえん上棟3

野地が半分ほど張られています。。。しばらく雨が降りませんように!!
たきこどもえん上棟4

周囲は、のどかな田園風景が広がります。
米と豆と芋と。。。いっぱい美味しいものが穫れる田んぼと畑。
たきこどもえん上棟5

前を流れる川土手は桜並木。来春の開園が楽しみです。
たきこどもえん上棟6

祝!たきこども園上棟!!

直島と豊島を1日で巡ってきました。その3

直島と豊島を1日で巡ってきました。その3

豊島では、いろんな「芸術」を見ることができます。

豊島横尾館です。
横尾忠則と、建築家・永山祐子による「豊島横尾館」。
豊島と直島3-3

豊島と直島3-2
なぜ、赤い、半透明、半反射のガラスかって??
それは、私に聞かないで。


ピピロッティ・リスト です。
豊島と直島3-1
『ピピロッティ・リスト』って何かって?
それは、ご自分の目で、お確かめください。(私には説明が・・・・?)


木造神社を見つけました。
(もくぞう? キヅクリ?)
これがなぜ「木造」神社で、祀られているのが「木造」観音と
いうのか?よくわからんのです、謂われが??
単に、観音さまが、内刳りのない一木造だから「木造」と
呼ばれているんでしょうか?誰か教えてください。
豊島と直島3-4
豊島と直島3-5
豊島と直島3-6
豊島と直島3-7
謂われはともかく、どうか当社の「木造」が末永く繁盛しますように。


唐櫃公堂(からびつ?、からと?)です。.
豊島と直島3-8
築100年以上と見ました。木造です。
中のシャンデリア?が素敵です。
今も、現役で、映画や演劇の公演に使われているようです。
古きよきものは、残しましょう。

そころで、この銅像の人物『中野喜三郎』翁は、
一代で築いた、中野石材店・中野組をもって、
国会議事堂石工事に従事しています。
へぇ~、あの組積造をねぇ。

直島と豊島を1日で巡ってきました。その2

直島と豊島を1日で巡ってきました。その2

豊島へは、原則、車で乗り入れできませんので、
レンタサイクルでめぐります。
豊島は、なんといっても、豊島美術館。

向こうの方に見える四角いコンクリートが豊島美術館のエントランスです。
豊島と直島2-1

エントランスを外から見るとこんな感じ。
豊島と直島2-2

エントランスに入って、中から外を見ると、こんな感じ。
豊島と直島2-3

そして、いよいよ、美術館・展示室の入口へ。
豊島と直島2-4
美術館の中では撮影禁止。
何が展示してあるのか?って。。。う~ん、説明しづらい。
原則、常設展だけです。外から持ち込んだ特別展的なものは
ありません。すべて、豊島美術館手持ちの展示です。
しかも、天候に左右されます、展示物が。
単に晴雨だけではなく、
曇りでも、暗い曇りと明るい曇りで展示内容は変化します。
雨でも、強い雨と弱い雨で展示内容は変化します。
風が吹いても展示物が変化します。
わかりますか??
是非、行って見てください、自分の目で見ないと、何が展示されているか
他人の話だけでは絶対にわかりません。


ここは、併設のカフェです。
美術館を模したつくりの、カフェと売店があります。
豊島と直島2-5

右の穴が開いてる建物?が美術館・展示室です。
左のまぁるいのが、カフェ。
豊島と直島2-6

素晴らしい、豊島美術館でした。
異論は、いろいろあるでしょうが、私は好きです。
みなさんも是非、行って見てください。

直島と豊島を1日で巡ってきました。その1

直島と豊島を1日で巡ってきました。その1

何と強硬な、弾丸?駆け足?日程で、直島と豊島を1日で巡ってきました。
豊島と直島1-1
岡山・宇野港から、フェリーで直島へ渡ります。約20分の船旅。

天気がいまいちですが、瀬戸の島々を横目に、
直島へ向かいます。
豊島と直島1-2

船内は、「芸術」航路を意識してか、素敵な絵が多数、飾られています。
豊島と直島1-3

直島の宮浦に着くと、さっそく、カボチャのお出迎えです。
なんで、カボチャなの??
豊島と直島1-4

ベンチは、そら豆?
野菜好きなんでしょうか??
豊島と直島1-5

直島では、とりあえず、カボチャとそら豆だけ見て、豊島へ渡ります。
直島から豊島は、客船です、車は乗れません。
ここも、約20分の船旅。
豊島と直島1-6
なんと乗船客の半分は外国人。しかも欧米人が大半。
日本人には不人気ですか?豊島は。

台風の余波。21号と24号。

台風の余波。21号と24号。

前回のブログで台風21号の軌跡をご紹介しましたが、
その余波、大変な余波があったので、紹介します。

台風21号が、私ホーチミン滞在中に我家を襲ったのは紹介しましたが
その4日後に帰国しましたが、なんと、大変な影響を受けました。

関西空港へ帰るつもりが、どこぞのタンカーのせいで帰れない。。。。。
(タンカーのせいばかりではないですが)
名古屋・セントレアへ帰ることになりました。
なんとそれがラッキー!?

エコノミー席を購入して、搭乗しようとすると『待て』と
止められたんです、搭乗口で。
いやな予感。。。ひょっとして、ダブルブッキングか??
と、開き直って待つこと5分。。。
なんと、ビジネス席に変更です。

ヤッタァー!!!久々のビジネス席ダァ~。

搭乗してすぐにサービスされたジュース。
なんと洒落た。。。VietnamAirもしんぽしたねぇ。
台風の余波1ビジネスクラス

朝食も、美味しくいただいて、セントレアへ。。。
下に見えるは、揖斐川と長良川の合流地点です。
この左に、木曽川も見えるはずですが。

台風の余波2揖斐川と長良川

う~ん、昨日も、耐風24号が近畿に上陸しましたが、
我家は素通りか?と思うほど、静かに、足早に、通り過ぎて
いきました。

もう、来ないでねぇ、台風さん。

台風21号は、我が家の5軒隣りを通過しました。

台風21号は、我が家の5軒隣りを通過しました。

本日、中部空港セントレアに帰国しました。
我が家に帰り着いて、傾き無し、外装に損壊無し。

ところで、台風21号の進路、経路ですが。。。
台風21号経路1
須磨に上陸して、我が家に向かってまっしぐら。。。
台風21号経路2
台風21号経路3

なんと、我が家から70mほど、5軒隣りを通過していきました。
お陰様で、目立った被害は無し。
やっぱり、中心から20~50km東側が風雨ともに、強いようですね。

丹波焼「丸八窯」清水義久陶展、開催中です。

丹波焼「丸八窯」清水義久陶展、開催中です。

神戸大丸の7階ギャラリーで、来週4日(火曜日)まで、
丹波焼「丸八窯」清水義久陶展、開催中です。

個展の様子をご紹介します。
丸八窯清水義久陶展2018写真1
日常使いのお皿に器から、お茶碗、酒器、花卉まで、100点近くあるでしょうか
丸八窯清水義久陶展2018写真2

贈らせていただいた鉢植えも、綺麗に飾っていただきました。
丸八窯清水義久陶展2018写真3

丹波焼「丸八窯」清水義久陶展の詳細はこちらをご覧ください。
※私め、只今、ホーチミン滞在中で、現物を拝見できないのが残念です。

今日から、神戸大丸で『丹波焼・清水義久 陶展』が始まります。

今日から、神戸大丸で『丹波焼・清水義久 陶展』が始まります。

清水義久さんの個展の案内はこちら。
丸八窯清水義久陶展2018

丹波・立杭焼は、日本六古窯の一つで、わが町・篠山の自慢です。
立杭の里紹介

立杭の里「今田町」は、こんな感じです。
立杭の里紹介3

立杭の里紹介2
ここは、立杭で最古の登り窯。
地元の人の手で修復されて、今は、共同で使われています。
私の作品もここで焼いていただきました。
立杭の里紹介1

今週末は、是非、神戸大丸の『丹波焼・清水義久 陶展』へ足をお運びください。

岡山の旅3『備前焼』

岡山の旅3『備前焼』

備前焼のロクロを体験して、焼いていただきました。

土をさわる前に、まずは、お店でプロの作品を見せていただき
イメージトレーニングです。
備前焼お店
備前焼は、ホント”渋い”、”シブイ”ですね。
この”渋さ”が良いところでしょうか。

ロクロの様子はこちら。

ロクロから半年。。。

焼き上がりはこちら。
備前焼波多野作1

備前焼波多野作2
素人らしいですねぇ、『実に初々しくてイイ』って??そのとおり。




ところで、これは、立杭焼きの窯元にいただいたお皿。
私のお気に入りです。
とってもいい色、いいカタチ、いい大きさ、です。これをお手本にして、修行に励んでいます。
立杭焼きお手本
これはいただきものですが、作家は清水義久さんです。
清水さん作品は、どれも素敵で、何より使いやすく、これからも楽しみです。

その清水義久さんは、この度、神戸大丸のギャラリーで個展を開かれます。
是非、足をお運びください。
丸八窯清水義久陶展2018

清水義久さんの情報はこちら。
『丸八窯・清水義久』
『丹波のイロドリ』

個展の情報はこちら。
ART 百花繚乱|大丸・松坂屋アートブログ
大丸神戸店・催しカレンダー

ご案内

プロフィール

丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。

Author:丹波篠山の構造屋/ジョインウッドの波多野です。
ようこそ、構造屋のプログへ。
㈱ジョインウッド一級建築士事務所
代表 波多野隆之
(構造設計一級建築士)

丹波篠山で、木質構造(木造)専門の構造設計事務所をしています。
http://www.join-wood.co.jp/
ベトナム情報も満載です。
http://voinwood.blog.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

カウンター

ただいま

訪問いただきました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
785位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
建築
33位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR